読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

初・白点病?

f:id:otsumamimonaka:20170220122022j:image

数日前、いつものように水槽を覗いてみると
ブラックライヤーテールモーリーさんの、たぶんメスが、なんだかふらふらして元気がなさそう。
よくよく見てみると、身体に白い点々が…
ええっ!もしや…白点病?
お魚の病気はよく聞いてはいたものの、自分が飼ってる上では一度も病気になったお魚は(私が確認する上では)いなかったので、こんなこと初めて!で、みるみる不安に。
なんでだろう?って原因を探ってたら、
なんとヒーターの電源がついてなかった…(コンセントに挿して、更にスイッチを入れるタイプのコンセントで、そのスイッチを入れ忘れてた…)数日前に水換えした時にスイッチ切って、そのまま入れ忘れてたみたい…やっちまったなー。

白点病について調べてみると、
旋毛虫が魚の上皮内に寄生することでなる病気で、寄生された魚は痒がって体をこすりつけたりするんだとか。
その旋毛虫は25度以下の低水温を好んで活発に繁殖していく。
水温や水質の急激な変化によって抵抗力の落ちた魚に寄生する。
らしい。
うわー、完全にそれっぽいよなーって。

で、どうしたらいいか調べたんだけど
メチレンブルーっていうお薬で薬浴するっていう方法が王道みたい。
でも、病気になったお魚だけを隔離して薬浴させるのは、意味がないんだって。
何故かというと、そもそもその水槽内にその旋毛虫がたくさん繁殖した上で、お魚の抵抗力が落ちたことが原因でそうなってるわけだから
そのお魚を治しただけではあまり意味がない。
更にメチレンブルーは、水草やエビにとって有害なので、うちの水槽には向いてない…。

(更に薬浴のタイミングも重要で、お魚から旋毛虫が寄生するのをやめたのを見計らって薬投入しないと意味がない、とかいろいろと調べれば調べるほど難しい…)
うーん、じゃあどうしたらー…と思ったら
「鷹の爪」が効くらしい。っていう情報がたくさん出てきて。
ええっ?た、鷹の爪?
どうも、鷹の爪に含まれる「カプサイシン」には抗菌効果があるようで
輪切りにして、バラバラにならないように網か何かに入れて水槽内に入れておくと、その旋毛虫が死滅するとかなんとか。で、鷹の爪は水草やエビにも無害だと。

ほんとかなぁー?

半信半疑のまま、とりあえずその時はヒーターのスイッチを入れておく事ぐらいしかできず、
鷹の爪も何故か売ってるところをなかなか見つけられなかったりして、数日経過。
家族が鷹の爪をやっと見つけてくれて、買ってきたよー。って、わー、ありがとう。
(100均にあったって。盲点だったなー。)

で、ブラックモーリーちゃんどうなったかなー?って、見てみたら…
あれ?白い点々がなくなってる…
あれ?元気になってるぞ?
もうふらふらしてない… あれ?あれ?
治っちゃったのかな?

結局、ヒーターをつけたことで水温が上がって、旋毛虫が死滅して(死滅まではいかないけど、活動がおとなしくなった?)、
同時に水温が上がったことでモーリーちゃんの抵抗力が上がって元気になって、自然治癒したのかなぁ。
とりあえず、よかったよかった。
結局、鷹の爪は使わずじまい。
でも、念の為投入してみようかな?
60cm水槽で2個くらい、とのことなので
30cm水槽なら1個でいいかな?
1個もいらないような気がするから、半分くらいにしてみようか?と思ってるけど。

f:id:otsumamimonaka:20170220122037j:image

↑今では元気になったモーリーちゃんメス。

尾ひれをフグたちにやられてかわいそうである…(これはもうしょうがない)

広告を非表示にする