読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

花が咲かずに綿毛になる現象

謎・ふしぎ 謎現象 多肉植物・サボテン 種・実

https://www.instagram.com/p/BBbqJk1sR2P/

ずいぶん前に、グリーンネックレスの蕾を見つけた。…が、待てども待てども咲かない。
そしてもはや忘れかけていた頃(今日)ふと見てみると、せっかくの蕾が開かないまま茎が萎れてしまってた。
あ〜…こりゃもうダメだな。残念。と思って茎から摘み取った。

そのまま捨てるのもなんだか悲しいしもったいないのと、どんなお花だったんだろ〜って気になったのもあって、ちょっとかわいそうな気もするけど無理やり蕾をこじ開けてみた。

そしたらびっくり。出てきたのはなんと綿毛と種だった。

https://www.instagram.com/p/BBbpvTOMR1o/

あれ?花は…?
こんな事ってあるの?
つまり花が咲かずに綿毛になったということ。

これは一体どーいう事なんだと思っていろいろ考えてみた。
蕾の中で花が咲いたってことだよね〜。
他にこういう例はあるのか調べたら、グリーンネックレスの例はみつからないけど、綿毛の植物のことならいくつか出てきて、やっぱり花は見当たらないけど急に綿毛だけになってることがあるらしい。

それで思い出した。
以前ハコベを育ててたことがあって、花が咲いたと思ったらなんだか様子がおかしくて、開ききらないまま咲いてるみたいな状態になってて、なんだこれは?と思って調べたらそれは「閉鎖花」という状態だったということを。

https://www.instagram.com/p/BBbptnoMR1k/

これがその時のハコベ

閉鎖花 へいさか cleistogamous flower
閉花ともいう。花が開かないまま自家受精を行い結実する花。このような受精を閉花受精 cleistogamyという。スミレ属,ホトケノザなどにみられる。またイネも開花するがそれ以前に閉花受精が行われている。

つまりこのグリーンネックレスの蕾も、「閉鎖花」という状態で自家受精して、その結果綿毛になったっぽい。それが一番濃厚のような。
自分的に腑に落ちてスッキリした。よかった。
ただし閉鎖花になれる花は自家受精できるものだけで、自家受精できないもののことを自家不和合性って言うんだって。またひとつ勉強になった。

それにしても、閉鎖花って言い換えるとエコモードが作動したってことだよね。
種を残すために本当によく考えられたシステムになってることに感心する。

《追記》
更に、グリーンネックレスについて調べてたらまた新たな事実に気づいてしまったんだけど、
ずっとグリーンネックレスと思って育ててたものは 実はピーチネックレスというものだったことが判明。
グリーンネックレスは本当にまん丸な感じの葉なんだよね。おっかしいな〜うちのはなんでまん丸ころころにならないんだろ〜水やりが足りないのかな〜?なんて思ってたけど、まさか種類の違いだったとは…

広告を非表示にする