読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

10(て)2(に)4(しあわせ)

今日10/24は てにしあわせ ということで文鳥の日とされている。
 
実は先日うちで飼ってる白文鳥の王子が、私の不注意でベランダから飛んでいってしまった。(このサイトやってる通り植物も好きだから、いつものように植物観察をしていたらついうっかり網戸にするのを忘れてしまってて…)
こんなことは6年間飼ってきた中で初めてのこと。もう気が気じゃなくマンションで思い当たる家々を訪問して回ったり、近隣を探し回ったり、できる限りの近隣や動物病院・お店などにチラシをポスティングしたり貼ってもらったり、迷子の鳥掲示板4つのサイトに書き込みをして呼びかけをした。とにかくできる限りのことを必死でやった。警察にも届けた。
 
ほんとーーにショックで罪悪感でいっぱい・放心状態に。夜は眠れず、昼間もなかなか身体を動かせなくなるほど。私の中で王子くんはこんなに大切で大きな存在だったんだなあ…といなくなってみて初めて気づく。(別れた恋人みたいなアレだな…)
刻々と時間もすぎてゆき、すでに二週間以上経っていた。ああーもうダメか…と半ば諦めかけていた頃、迷子の鳥掲示板のひとつからメッセージが。
なんと近くのお寺(800m先)で保護していますとのこと!そのお寺の住職さんからの連絡だった。こんな奇跡があるなんて…!家族全員、信じられない!という想いでいっぱいに。
 
話によると、飛んでいってから3日目に保護したとのこと。(しかも彼岸法要中に入り込んできたんだとか…)保護されるまでの2日間は一体どこでどう過ごしていたのか…。(秋晴れでとても日差しが強く、捜索してる人間のわたしたちですらすぐに喉がカラカラになるほどだったのに…)よりによってお寺で保護されるとは…!しかもケガの1つもなく無事だった。本当にこればっかりは奇跡としか思えない。
うちの近くには大きな公園があり、カラス、スズメ、ヒヨドリその他野鳥もたくさんいるし、野良猫だっているのに…そればかりか駅も近いので車の通りもかなり激しい。
 
後日お迎えに行き、今は無事に家に帰ってきていつもの王子くんがいる日常に戻った。
(迎えに行った次の日の朝、いつものように鳴き声と共に目覚められたのは夢のようだった。)
 
また後日に、チラシを貼っていただいたお店や協力していただいた方々にお礼をしに回った。捜索時閉まっていてポスティングしただけだった動物病院にお礼回りに行ったら、わざわざ拡大コピーまでしてチラシを貼っていただいていていた。こんなにありがたいことはない。みんななんて優しいんだろう。
 
※ちなみに本当に本人(本鳥?)かどうかはさえずりでわかる。文鳥のさえずりはかなりの個体差があり、幼鳥の頃覚えたさえずりはずっと変わる事はない。他にはいつもするクセなどでもわかる。顔が全く同じでも個々によって性格の違いが大きく出る。食べ物の好みも。
 
ほんとうにたくさんの方々にネットで拡散してもらったり、アドバイスや励ましのメッセージをいただいたり。それがとっても心強くて、もし一人きりだったらここまでのことは出来てなかったと思う。
捜索時にチラシをポスティングしたことでご近所の文鳥飼いのご夫婦からメールが届き、奥さまにはポスティングまでご協力していただいた。ここまで親身になってくれる人がいるなんて天使のような人だと思った。本当にありがたい。
ここまで人の優しさに触れたことは今までにない。
 
今日までinstagramを続けてきて本当によかったなーとも思った。(唯一やってるSNS
主にinstagramのフォロワーさんに助けてもらったし、たくさんの見ず知らずの人に助けられ、TwitterFacebookなどでも拡散された。(面白い話では何故かFacebookで南米にまで拡散されたんだとか。笑)
 
そんな事があってからの今日 『10(て)2(に)4(しあわせ)』の文鳥の日を王子くんと一緒に迎えられてとっても幸せ。こんな奇跡はもう二度と経験できそうにないな。笑
今こうして書いてることも、自分ですらフィクションとしか思えない!
 
f:id:otsumamimonaka:20151025002313j:image
保護されていた時の王子。

 

https://instagram.com/p/9OJ6N0sR5f/

てにしあわせ。

https://instagram.com/p/9OJ-oWsR5m/

もっちり。

※ちなみに王子の名前の由来は、私の王子様♡ …とか言う意味ではなく(そんな由来はこの私としては絶対ありえない)パッと見た時に 王子様の履いてる白タイツのように純白だ…!よし王子にしよう! となった。

https://instagram.com/p/9OKB1fsR5s/

帰ってきてから念願の一緒にお昼寝。の一枚。私が寝る(ふりをする)と、ぴったりくっついてきてくれる。

広告を非表示にする