もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

睡蓮鉢のニョロニョロ

久しぶりに多肉以外の話題。

あたたかくなってきたからこれからは多肉以外にも書くことが増えてくるね。

いよいよ睡蓮鉢の睡蓮も葉を出してきた。

しかしそれ以外にも顔を出すヤツがいる。

それがイトミミズ。(糸ミミズ)

 

イトミミズのことは過去にも話題に出した。

睡蓮鉢の土の表面をよくよく見てみると、かな~~~りちいさいけど

なにやらにょろにょろにょろにょろ~…とせわしなく動いてるヤツがいる。

しかもたくさん。

きもちわるいものや密集系に耐性のない人ならギャーーー!!ってなると思う。

 

今回は彼らを動画に収めてみたよ!(閲覧注意)

地味~にもなかんさつにっきのyoutubeアカウントもあるので、どうぞよろしく★

(文鳥の王子や、いきものを中心に載せております。)

 

わかるかな?ちょっとわかりにくいかもしれない。

きもちわるいけど、彼らは実は水質を浄化してくれるらしいのでむしろイイヤツ。

見た目のきもちわるさ以外には特に害はないんだとか。

でも、水槽に発生すると駆除しようと奮闘する人が多いみたい。

自分のは外に置いてる睡蓮鉢だからいちいち駆除しようとは思わないかな。

(外はどんな生き物が舞い込んでくるかわからないので、駆除したところでどうせまた湧くだろう)

むしろ水質を良くしてくれるならありがたいくらいに思ってる。

ニョロニョロしてるあれはお尻をだしてる状態で、そこからウンチを出してる。

なので、イトミミズのいる付近にはぽこぽこと土が盛り上がってるのがわかる。

あれは全部イトミミズが出したウンチ。

ウンチといっても、イトミミズは水を浄化してくれるのでつまりウンチも綺麗な土みたいなものなんだと思う。

自分は全く抵抗がないので、素手でも触れる。

ちなみにイトミミズに触れようとすると、シュルッ!と俊敏な速さで土の中に消えていくので触ることはできない。

うーん、きもちわるいけど、へんないきものってやっぱりクセになる~。

 

・・・イトミミズの話題だけじゃ地味なので、おまけで。

厳しい冬を耐えぬいた白メダカさん2匹。

春が来てはしゃいるようす。

(よくみるとコケでもしゃもしゃ状態のヒメタニシもいる)


にほんブログ村 アウトドアブログ 植物観察へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
ランキング参加中。記事が参考になったよ!イイネ!代わりにポチっと押してね。
とてもよろこびます。

広告を非表示にする