もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

シギゾウムシをかくまう

昨日、マイ木の実コレクションを見ていたら…

f:id:otsumamimonaka:20141218154740j:plain

ひえええ!出てるー!またかー!

クヌギのどんぐりに穴が空いてて、そこから幼虫が出てきていた。しかもまだ生きてる。

この幼虫は前にも、拾ってきたどんぐりから出てきたことがあり外の土入りプランターにポイしたら、数日後何故かカラッカラになって死骸が落ちてた。湿り気が足りなかったか。

今度は上手く成虫にしてみたいと思ったので、なら今度はあたたかい部屋の中でかくまったらどうかと考えた。

f:id:otsumamimonaka:20141218155344j:plain

このクヌギシギゾウムシと思われる幼虫は、どんぐりの中で孵化してどんぐりの実を食べて大きくなったあとに穴を開けて中から出てきて、そのまま地面の土に潜って冬眠、夏ごろに成虫となって出てくるらしい。

なので、土の湿度管理をして上手くいけば夏に成虫となって出てくる。

f:id:otsumamimonaka:20141218155402j:plain

というわけで早速土を用意して土の上に置いてみた。
しばらく待つとちゃんと自ら潜り始めた。

f:id:otsumamimonaka:20141218155458j:plain

f:id:otsumamimonaka:20141218155515j:plain

結構時間をかけてここまで潜った。
ずっと見ていてもどかしくなった。

あとはとりあえず上にラップかけて置いておこう。
上手く育ちますよーに。

ちなみに成虫のゾウムシはかわいい。ゾウの鼻のようなものを持っている。
広告を非表示にする