読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

花が終わった胡蝶蘭は捨てるべからず

6月ごろに家に立派な胡蝶蘭がやってきた。

私は植物好きといってもこういう花についてはあんまり詳しくない。
胡蝶蘭は結構長い間花を楽しめることを知った。
 
とはいっても何週間かしてとうとう花が全部枯れ落ちてしまった。
こういうのって花が終わったら捨てるしかないのかな?
だとしたらなんかもったいないなー?
と思って調べてみたら、上手く育てればまた花が楽しめるとのこと。
早速書かれている通りのことをして、引き続き育ててみることに。
 
ちなみにやることは
  • 茎についている支柱(ハリガネみたいなの)を全部取っ払う
  • 茎にいくつかの節があるので、4つ目の節のところで茎を切る
  • 表面の水苔がカラカラに乾いたらたっぷり水やりをする(たぶんその時に受け皿に水を残さないほうが良い→根腐れしないように)
  • 置き場所は日が当たりすぎない日陰の涼しめなところ
(だったとおもう ほしょうはしない)
 
水やりは私は月曜日にやることに決めて、月曜日になったらたっぷりあげる。たまに忘れることもあったけど、まあ気にしない。
 
するとついに、節のところから新しい芽が出てきた。
 
f:id:otsumamimonaka:20140926125326j:plain
 
1週間後…の今日
 
f:id:otsumamimonaka:20140926125405j:plain
 
おっ。順調。
 
 
 
f:id:otsumamimonaka:20140926125433j:plain
 
全体像。
 
f:id:otsumamimonaka:20140926125501j:plain
 
左側の茎にも芽が出てるよ。
 
 
 
f:id:otsumamimonaka:20140926125543j:plain
 
それと本当は2株が1つの鉢に植えられてたんだけど、なんとなく窮屈かなと思ったのでひとつずつに分けて育てることにしてみた。
こっちには茎がないので、どうなるかはわからないけど、とりあえず葉っぱは新しいのが出てきてるので、ちゃんと生きてる。
 
また変化があったら報告します。
広告を非表示にする