もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

水面に張る油膜の原因は?

メダカの稚魚を透明なプラ容器で育てています。

(具体的にいうと、スーパーで買ったミニトマトが入ってた容器・・・)

 
f:id:otsumamimonaka:20140911223003j:plain
置き場所がなくて水槽のガラス蓋の上に置いてる…
 
 
今日見てみたらいつのまにか一面に油膜が張ってた…
 
f:id:otsumamimonaka:20140911223123j:plain
油膜なので光に照らされると虹色に。
雨が降ったときのあの虹色の地面を思い出すね。
 
 
で、よくよく目を凝らしてみてみたら…
 

 

わかるかなぁこれ・・・

よくよくみたら小さくて丸いプランクトン?がわらわら水面を泳いでた…

いきもの苦手な人が何も知らないで見たらゾワーーーってなるかもね。

自分は大丈夫だけど、少し置いといただけでいつのまにかこんなにプランクトンが繁殖しているなんてすごいと思った。当たり前っちゃ当たり前だけども…

水は生命の源ってよくいうけど、こういうのをみると改めてその通りだと思う。

 

で、そもそもなんで油膜が張るんだろうと思ってちょっと調べてみたら

プランクトンが繁殖しすぎてそれが死んだりするのが原因の1つとして考えられるらしい(原因は他にもさまざまあるようなので詳しいことは調べてみてね)から、もしかしたらそのせいかも。

よくどっかの川でプランクトンが大量発生してものすごい色になったりするけど、それと同じことだね。

対策としてはティッシュペーパーを油膜のところにぴらっとかぶせてすぐはがすのを何回かやると取れるみたい。

 

でもこれからメダカが孵化したらプランクトンを食べてくれるんじゃないかなぁ。

もう少しそのままにしてメダカたちが全部孵化するのを待って、どうなるか見てみようかなぁ。

 

ちなみに今日は1匹だけ孵化していたよ。

 

 

生まれたてのメダカは尾びれをふるわせて泳ぐのがとってもかわいい。

 

 

 

ちなみになんだけど30cm水槽のほうにも微生物がいた。

孵化専用容器にいるのよりは大きめの微生物。

魚やエビが入り込めないソイルのすき間に潜んでるんだね~。

なんか、面白いよね~。

微生物サイズの生き物も含めたら、この水槽内に一体どれだけの命があるのかと思うと怖くなるような、ワクワクするような、何とも言えない気持ちになる。

 

いつも平気で素手で睡蓮鉢や水槽に手を突っ込んでるけど

よくよく考えると、アレだよねぇ~。

でも、それでもこれからも素手で突っ込むけど・・・

広告を非表示にする