読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

水槽に小さくて透明な貝がいた!

前回のヨコエビに続き、またみたことない生き物が水槽にいた~~

とても小さく、1,2mmくらいで、なんか透明な貝殻で、最初はゴミか何かだと思うんだけどよくみるとうにーんと動いてるのがわかる・・・。

 

動画を撮りました。

 

調べてみたらこれは「カワコザラガイ」というヤツらしいです。

 淡水産の巻貝としては比較的珍しい笠貝型で、主に河川用水路にあるワンド水草や石の裏などに生息している。殻はかなりもろく、割れやすい。体長約3ミリメートル程度の小型の生物であるため、肉眼で見ただけではどんな生物か分りにくいが、顕微鏡で覗くと眼球触角が確認でき、心臓が動いているのも分かる。野外採取の水草等を水槽に入れると、よく増えるアクアリウムの害貝でもある。

カワコザラガイ - Wikipedia

 …とあるように、アクアリウムでは害貝扱いみたいですね~~。

おそらく、ヨコガイと同じようにミナミヌマエビカージナルテトラかのどっちかにくっついてきたんでしょう。

買ったサイトを確認してみたら、ちゃんとそういうページがありました。

水草に混入する可能性のある害虫|チャーム

ま~とりのぞいたほうがいいのかな。知らないうちに増殖してたら気持ち悪いし。

でも、その前にちょっと顕微鏡で観察してみたいな~。心臓が動いているのもわかるってわくわくする~。

広告を非表示にする