もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

シャジクモ(車軸藻)

2013.7月ごろのこと。

睡蓮鉢になにやら見たことのない水草を発見。

 

f:id:otsumamimonaka:20140125184441j:plain

おもしろーい形。

無駄に動画でも撮ってみました。

 

水の中のケセランパサランかと思った。

形や伸び方はマツモに似てる。

けどマツモではない。

 

どうやって調べたのかは覚えてないけど、おそらくこれはシャジクモ(車軸藻)という水草

日にちが経つにつれたくさん生えてどんどん伸びてきたので、全部ひっこぬいて見やすくしてみた。

 

f:id:otsumamimonaka:20140125184348j:plain
 
f:id:otsumamimonaka:20140125184407j:plain
 
f:id:otsumamimonaka:20140125184422j:plain
 

シャジクモ(車軸藻、学名Chara braunii)は、車軸藻綱に分類される藻類。湖やため池などに生育する。

世界中に分布する[1]。日本でも比較的普通に見られる種とされる[2]が、環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類に指定されている。
雌雄同株[1]。長い節間部と節部によって主軸を構成し、その節から8-11輪生する小枝を伸ばす[1]。全長は約10-30cm、主軸の径は500-700µm[3]。小枝下部の節に生殖器をつけ、成熟すると赤みを帯びる[1]
1細胞が大きく細胞内の様子が観察しやすいため、学校の理科教育において、原形質流動の観察に本種が用いられることがある。また、アクアリウムにおいて栽培されることもある。栽培は比較的容易とされるが、水質の急変には弱い[1]
書いてある通り小枝下部の節にあるまるいぷちっとしたものが生殖器。シャジクモの特徴的な部分と思う。
 
アクアリウムで育てる人もいるのかー。知らなかった。
水草についてはまだ全然知識がないなー。
今年もまた生えてきたら水槽に移して育ててみようかな?
 
それとこの夏、睡蓮鉢の水草から微生物探しなんてことも実はしてました。
そのときにシャジクモを顕微鏡から覗いてみたものが結構面白かった。
それも動画に撮ってみました。
 

 茎の中を水と養分?が流れている様子がみえるー!

まるで人間の血液みたい。赤血球やら白血球やら。

色も綺麗に透き通ってる。おもしろーい。

 

顕微鏡で観察した微生物の動画など、もっとあるのでそれも近々アップしようと思います。

広告を非表示にする