読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

トウネズミモチ

植物

http://instagram.com/p/fpIn4BBx1Q/

10/19

 

http://instagram.com/p/gzO9KUBx_d/

11/17

 

http://instagram.com/p/ic4MsGBx_Q/

12/28

 

秋からずっと気になっていたこの実。というか木。

ネズミモチトウネズミモチだと教えていただいた。

自分ではどうしても正解に辿りつけなくて、ヘンリー蔦かと思ってた(ぜんぜんちがう)

 今はこのように黒っぽい実になっていて、ヒヨドリが食べに来てるみたい。

 

トウネズミモチ(唐鼠黐、学名: Ligustrum lucidum)は、モクセイ科イボタノキ属常緑高木

花期は6 - 7月頃で、黄白色を多数咲かせる。

果実紫黒色に熟する。

トウネズミモチの場合、葉裏をに透かしてみると葉脈主脈側脈も透けて見えるが、ネズミモチの方は、主脈が見えるものの側脈は見えないので判別できる。また、果実はともに楕円形であるが、トウネズミモチの方が形に近く、ネズミモチはやや細長い。また、総じてネズミモチの方が樹高が低い。

 引用元:トウネズミモチ - Wikipedia

葉っぱをすかしてみたら透けて見えたので多分トウネズミモチでしょう。

 

名前の由来は「トウ」は中国原産であることから。

ネズミモチ」は、実がネズミのフンに似ていること、また葉がモチノキに似ていることから。

ネズミモチってかわいいイメージだったのにぶちこわされた気分なんです。

どうして植物の名前の由来ってひどいのが多いの?ねぇ><

 

また、漢方では「女貞子」と呼ばれている。「おんなさだこ」じゃなくて「じょていし」。冬でも青々とした葉で寒さを凌いでいる様子を女性の貞操になぞっているとか。中国では滋養強壮、かすみ目、視力低下の薬として果実を煎じて(または果実酒にして)飲まれている。

 

広告を非表示にする