もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

フウセンカズラすぺしゃる

そういえば紹介し忘れてました。
春先に種を蒔いたフウセンカズラです。
やっと実をつけたのでそろそろネタにします。

芽はこんな感じ。
最初はなかなか芽が出てこなくて苦労した。でも夏本番になったら蒔いたはずのない鉢から勝手にニョキニョキ出てきたり(種が飛んだんだね) とにかく気温が上がりさえすれば元気に出てくる子たちなんだなあということはわかった。
芽が出てからは特別なこともせず、水さえやってれば順調に伸びる伸びる。
ベランダのネットを張ってるとこに鉢を置いてたら、あっというまに自分の身長も超して、今は天井まで到達して行き場を失って にょろ〜んと頭上を横切って、ツルとツルが絡まり合いながら空中を漂ってる感じになってる…

とにかく蔓が可愛くて、生きてるみたいだし(いや生きてるだろ?)楽器、楽譜、人…いろんなものに見えてくる。もはやART作品としか思えないので、毎日見てても飽きない。


『さかあがりできるかな?』


これが花。

7月下旬あたりに花が咲き始めて、8月中旬あたりに実を付け始めた。

これが最初見つけた実。このサイズより小さいのはまだ見つけられてない。一晩のうちで結構膨らむもんなのかは謎。

少し大きくなったやつ。

そしてやっとそれらしい大きさに。

今はまだ5つくらいしか付いてない。これからもっとたくさん付くのかな?他の人の写真を見るとものっそい鈴なりになってるのとかあった。
うちのは花はたくさん咲いてるのに、なかなか実がつかない。何かコツがあったりするのかな?

とりあえず、フウセンカズラは今年初めて育ててみたらかわいいし育てやすいしぐんぐん伸びるし気に入ったから、また来年も育てようと思ってます。


一方隣で育ててたオカワカメ(雲南百薬)はあんまり伸びがよくなくて、しかも葉の形が一部変形してクシャクシャな感じになってしまった。栄養不足なのか、何かの病気なのかよくわからないのであまり食べるという気にもなれず放置…失敗です。

広告を非表示にする