もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

スイレンの葉っぱは美味しいの?

どうも。どうも。

世間の小・中学生(高校生も?)は夏休みが始まったみたいですね。
夏休み期間中はラジオのNHK第1で朝〜昼頃まで、夏休み子ども科学電話相談というのがやってて
それがとても面白いというのを聞いたので、昨日から家事などしつつ、らじるらじるで聴いてみています。
今年で30周年になる番組らしいですね。なんとなく名前は知ってたけど、まともに聴いたことなかった。普段ラジオを聴く習慣ってのが自分には全くないもので…
だけどちょっと聴いてみたらホントに面白いです。私は学校で習ったことだってほとんど覚えてないし、ちょうど知能が小学生並(社会や算数はそれ以下ょ…)なので、この番組は私にピッタリっぽいです。

質問できるジャンルは毎日ちょっとずつ違うみたいで、ジャンルごとに専門の先生がいて回答してくれるんですが
3・11があったことから、放射能についてのこと というのもジャンルにあって、子どもたちがそれについての様々な質問をしてきます。
それが結構ホントに勉強になるので、へえーーーってなったりします。あ、もちろんそれ以外のジャンルについても、知らなかった!ってことがたくさん出てきます。
4歳とか5歳くらいの子でも、誰もそんな発想なかったわ!っていう質問をしてきたりするのが面白いです。しかもかわいい。
公式サイトでは放送終了した分の質問の回答を聴くことができるみたいなので、気になったら聴いてみてください。
NHK 夏休み 子ども科学電話相談


んで…今日のネタ。
水槽のエビちゃんのこと。エビちゃんのエサについて。
エビちゃんたちっていつも常に手をしゃこしゃこさせて水槽や水草についた藻などを食べてるので、おかげで水槽はいつも綺麗を保っています。
だけどあまりにも食欲旺盛なので、水槽が綺麗になりすぎてエビちゃんの食べるものがなくなってしまいます。
お店に行くとエビのためのエサっていくらでも売ってます。沈むタイプの固形のものとか…
それを買って与えるのももちろんいいんだけど、別にそんなもの買う必要ないんじゃないかと思ってて。
うちにはベランダに睡蓮鉢が2つあるので、その中で発生する藻を取ってあげたりしてます。(暑い中太陽にたくさん当たるので、藻の増殖はすごいです。パネェ。)
とろろ昆布状の藻を手でひとつかみ分くらい取ってあげてたんだけど、エビたちは大体それを半日くらいで平らげます。エビだけじゃなくてメダカも食べます。一応メダカにはメダカのエサあげてるんだけどね。(ちなみに睡蓮鉢のほうは何のエサも与えず放置です。発生する藻だけ食べて生きてもらってます。)

ある日スイレンの終わりかけの葉っぱがあったので、その終わりかけの葉っぱの周りについた藻も食べてもらおうと葉っぱごと水槽に投入してみました。そしたらエビたちは、その葉っぱごと食べちゃった!
その食べっぷりもすごいんです。大体2,3日くらいで葉っぱがほとんど跡形もなくなります。
テキトーな時間ごとに写真撮ってみました↓


大体これで2日経ったくらいかな?
最後には芯の部分だけが残ります。水中に入ることでふやけて風化してる?ってのもあるんだろうけど、どう考えてもそれだけじゃないだろうし、実際エビが喰いついてるからやっぱり食べてるよね。
毒とかないのかな?なんともないってことは問題ないんだろうけど。
あげてるのはスイレンのほうで、ハスのほうはまだあげたことないんだけど、ハスはどうなんだろう?なんとなく、スイレンの葉っぱのほうがエビがおいしそうに食べそうっていう何の根拠もないイメージがあって…それと、スイレンは葉っぱがどんどん終わっては新しいのが出てくるってサイクルが早いからってのもある。

広告を非表示にする