読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

懐かしの駄菓子 黒パンを作ってみた。

黒パン、ご存知でしょうか?
私は実は最近まで知らなかったんですが、こないだ歴史民俗資料館のおやつ展<今や昔の甘味事情>という特別展を見に行って、そこで初めて黒パンというお菓子があることを知りました。

この少年が食べてるのが黒パン

その後母が熊谷屋さんから黒パンを買ってきてくれたので、試しにひとついただいてみたら結構やみつきになる美味しさにとりこになってしまいました。

ちなみに仙台には仙台駄菓子というものがあり、熊谷屋さんはその元祖だそうで、今でも銘菓としていろいろな駄菓子を売り続けています。
創業が元禄8年(1695年)だそうで、計算してみると…なんと今年で318年!ものすごい歴史です><

私は和菓子っぽいものは基本的に苦手でほとんど食べられないので、黒パンも見た目からして、あっ苦手だろうな〜って思い込んでたんだけど…このやみつき感と言ったら、食べてみないとわからないものがあります。
味は、外側が黒糖でコーティングされているので黒糖の甘さがあるんだけど、食感はマカロンにも似たようなみちっと感があって、噛んだ時のあの感じが好きです。
それと結構ずっしりしているので、1個食べるだけでお腹が満たされます。少しの量で腹を満たそうとした昔の人の知恵なんでしょうか?

それで、こっからが本題で…もちろん仙台駄菓子の銘店で買って食べるのもいいけど、これって自分で作れないものかな?と思い立ちました。←なんでも作ってみたがる
で、黒パンで調べてみたんだけどなかなかレシピは出てこない。
ただし、似たようなもので黒棒というものがあったので(こっちのほうがメジャーな駄菓子なのでしょうか?)このレシピを参考に黒パンを作ってみました。


〜黒パン レシピ〜
材料
(パン生地)
・小麦粉 150g
・黒糖  50g
・卵    1個
・ベーキングパウダー(重曹)小さじ1/4
(コーティングの黒糖)
・黒糖  150g
・水 大さじ2杯

(パン生地)
1:黒糖と卵をよく混ぜる。
2:振るった小麦粉とベーキングパウダーを1に入れ、ヘラでサクッと混ぜる。
3:大体塊になったら、手でこねてしっかりとした塊になるようにする
(べたつくので、小麦粉を手にまぶしてからこねる)
4:直径2センチ大くらい、厚さ1センチ程度に1つずつ丸めて、クッキングシートの上に並べる
5:180度に熱したオーブンで15分間焼く

(コーティングの黒糖)
1:フライパンに、黒糖と水を加え、トロ火にして大きな泡が立ってきたら火を止め、パン生地にからめる。
2:からめたものは網の上などにおいて冷まし、乾かす。


できあがり♪
せっかくなんで売り物っぽくしてみました。どう?雰囲気出てるかなあ?
な〜んだ、簡単にできるじゃ〜ん!てくらい簡単…30分もあればできますよ。
あとは、味付けの研究をもっと磨くくらいかな?やっぱり、熊谷屋さんのはすんごく絶妙な美味しさなんだよなぁ〜。ちょっとお高いけどね…
コーティングの黒糖がちょっと足りなかったりもしました…結構な量使ってるんだけど〜…
それを考えるとカロリーも結構なものになりそうだけど、まぁ、お菓子はおいしさが第一!おいしければいいのさ〜♪

広告を非表示にする