読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

ハコベ(ハコベラ)

この小さな白いお花はなんだろう〜

とっても小さいけど、すごくかわいい!
歩いてると道端にときどき咲いてる。

これは、ハコベハコベラ)。厳密に言うとコハコベだそうです。
春の七草の1つとしても有名な、あのハコベ
これがそうだったのかぁ〜。食べられるんだ〜。どんな味なのかな?
実は私七草粥はまだ食べたことないんです。

うさみみが5つセットでついてるみたいな花びらがキュート。
ひとつ気になったこと。
ハコベ「ラ」ってなんだろう。ハコベじゃなくってハコベラって言い方もする。
調べてみたら、「葉配り」から来たという説。
はくばり・・はくばら・・はくべら・・・ハコベラ・・・ふ〜む。
「ベラ」で群がるという意味の古語とする説。
花びらや草びらのびらという意味としている説。
いろいろあるようです。

ちなみに効能は、利尿作用、歯痛、消炎など。栄養素も豊富だそう。
ハコベ塩っていうので歯磨きしたら、歯痛が治るとかで、昔から民間療法として使われていたんだって。
中国ではフタマタハコベの根っこを銀柴胡という薬にして、ヨーロッパでは地上部を使って軟膏やクリームにして、湿疹や皮膚炎の薬として使われてるんだって。今でも?
漢方では繁縷(はんろう)って呼ぶらしい。

いろいろ調べてて思ったけど、貧乏生活とかで病院にも行けない、薬も買えない人は自分で薬作っちゃえば良いのでは!?野草ならそのへんにいくらでも生えてるし…タダだし…どのくらい効くもんなのかなぁ?(ただし、毒もあるから間違えないようにしないと…)
ちょっとためしに、何か作ってみてもいいかもね…
ハンドクリームくらいだったら、ハーブ・アロマ好きさんはよく作ってるイメージがあるね。
アロマのお店なんかに行くと、そういうのの材料になる「みつろう」が売ってたりするね。

民間療法ってのはどの程度効くものなのか、療法によっても、単なるおまじないみたいなもんから、本当に効くものまで様々あるんだろうけど…それは自分で試してみるしかないよね。
例えば、風邪引いたらネギを首に巻くっていうのあるけど、あれはどういうことなんだろうね?
それと小さい頃頭をおもいっきりぶっけてたんこぶができた時、よくおばあちゃんに砂糖水をつけられた。
あれは、全く意味がないってこないだTVでお医者さんが言ってたけど…^w^
そういえば一昨年の夏あたりに、水にハッカ油を混ぜたもののミストが虫除けになるっていうのを聞いたので、作ってつけてみたんだけど
あれは全然虫除けにはならなかったなぁ>< ハッカ油が足りなかったのか、そもそも効かないのか…。
フツーに、虫に刺されまくりましたよ(ノ∀`)



おまけーん。

これは多分濃いピンク色のしだれ桜。
来週末あたり咲くかな?

梅は結構咲いてた〜 かわいいね。

広告を非表示にする