もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

メダカが産卵したので

今日も水槽のみんなをチェックしていたら(日課)、
なんと、メダカちゃんが産卵しているではないか。
ちなみに水槽には、オスメス1匹ずつだけ入れてた。
たまたま入れたのがちょうどオスメスだったことは、結構後になってから知ったことだ。

うちはいかにお金をかけないかでアクアリウムをやっているので、ヒーターはつけてなかった。
いつもの水温は大体15〜17度くらい。
つけなくてもうちの環境なら支障はないようなのでそうしていたけど、
この水温で卵を産むとは思ってなかった。予想外。

せっかく卵をつけてくれたんだから、その卵は無駄にしたくない。
ということで、卵を別容器に移して孵化の準備をしてみました。

空き容器…探したらペットボトルがあったので、それを切ってこんなふうに。
その時入れる水は水道水が良いみたいです。
え?水道水で大丈夫なの?って思ったけど卵には支障はなく、むしろ水道水に含まれる塩素によって卵がカビにやられてしまうのを防ぐそうです。
水は毎日取り替えて、1週間ほどで孵化するので孵化しそうな頃になったら水道水ではなくカルキの抜いてある水、もしくは水槽の水を入れておきます。
私は一応サランラップでフタをして、爪楊枝で空気穴を開けておきました。


卵はこんな感じ。爪楊枝の先につけて撮ってみました。
産まれたては黄色っぽい卵。
だんだん目や身体がわかるようになってきます。

これは100均で買ったカレンダー。
水槽の水換え記録用。一週間前後で取り替えてるんだけど、忘れっぽいから…
今回は産卵日もメモメモ。

上手くいったら、また報告しま〜す。

(ちなみに今日は雪。外のバケツや睡蓮鉢は表面が凍っていました。睡蓮鉢のメダカは無事かな〜?)

広告を非表示にする