読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

人工ビスマス

鉱物

ビスマスも鉱物フェアで購入しました。
ずっと欲しかったから嬉しい!
ネットでも探したりはしてたんだけど、あんまり売ってないし
やっぱりできれば手にとって見られるものから決めたいなぁと思ってたので
今回は本当によかったです。

なんといってもこの近未来的なフォルムがステキよ…!
私が購入したのはドイツ製の人工ビスマスでした。

ビスマス(英: bismuth) は原子番号83の元素。元素記号は Bi。第15族元素の一つ。日本名は蒼鉛。
特徴:淡く赤みがかった銀白色の金属で、柔らかく脆い。多彩な色を示すことがあるが、これは表面の酸化膜で光が回折することによる構造色であり、ビスマス本来の色ではない。電気伝導性や熱伝導性は高くない。融点は271.3 °Cと低い。
常温で安定に存在し、凝固すると体積が増加するのが特徴。またビスマス化合物には医薬品の材料となるものがあり、他の窒素族元素(ヒ素アンチモン)の化合物に毒性が強いものが多いことと対照的である。
産出:天然には硫化物(輝蒼鉛鉱)として主に産出するが、自然蒼鉛として単体での産出も知られている。なお、鉱工業上はこれらの鉱物ではなく、主に鉛、モリブデンタングステン精錬の副産物として生産される。
医薬品(整腸剤)の原料として、日本薬局方に収載されている。

用途:単体のビスマスと他の金属(カドミウム、錫、鉛、インジウムなど)との合金は、それぞれの金属単体より低い融点となる。このため、鉛フリーはんだに添加されたり、あるいはより低温で溶けるウッド合金のような低融点合金に使われる。また、ビスマスは大きな熱電効果を示す物質であり、特にテルルとの合金は熱電変換素子として実用化されている。
化合物としては、銅酸化物高温超伝導体の1成分としても用いられ、ビスマスを含む超伝導物質はしばしばビスマス系高温超伝導物質または単にビスマス系と呼ばれる。
上記以外にも、高比重・低融点で比較的柔らかく無害である事から鉛の代替として注目され、散弾や釣り用の錘、鉛・カドミウムの代替として黄銅への添加剤、ガラスの材料などとして用いられている。

同位体:天然に存在するビスマス同位体はすべて放射性同位体である。主要な同位体である 209Bi は長らく安定同位体とされてきたが、近年、精密な測定で非常に長い半減期を持つ放射性同位体であることが判明し、最重安定同位体の地位を鉛 (208Pb) に譲ることとなった。
209Bi はごくわずかにα崩壊により崩壊するが、その半減期は2003年に測定された値で (1.9 ± 0.2) × 1019 年(≒ 1700京〜2100京年)である。この値は現在の宇宙年齢の9桁以上も長い。
その他にも、半減期は短いが自然界には5つの同位体が存在する。いずれも、壊変系列の崩壊過程によって発生する同位体である。ウラン233の崩壊過程でできるビスマス213はがんの治療に期待されている。

wikipediaより抜粋。


裏側はこんな感じ。

最近iphoneアプリの元素図鑑を無料でDLできたので、寝る前に少しずつ読んでいたけど(これも前々から気になってたからとってもラッキーだった><)ビスマスの項目を読んで余計に欲しい気持ちが高まっていたのでした><
元素なんて中学の頃覚えた すいへ〜り〜べ〜♪くらいのことしか覚えていなかったので
今になって1つずつの元素について見てみるととても興味深いものがありますね。

世界で一番美しい元素図鑑

世界で一番美しい元素図鑑

今年の抱負の1つとして、知的好奇心を深めるっていうのがあったけど、今のところ順調かも♪
でも読書はまだ…。
唯一最近読んだのが、今年のセンター試験の国語に出題されて話題になってた「地球儀」という超短編小説です(笑)
青空文庫で読めるので気になった方は是非〜 →牧野信一 地球儀
ちなみに私は読解力がなさすぎて3,4回くらい読み返してやっとなんとなく理解しました。
その後センター国語の地球儀の問題だけやってみたけど、半分くらいしか正解できなかったよ^ア^アホー

広告を非表示にする