読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

カバンシ石

先日鉱物フェアでカバンシ石を手に入れたので紹介します。(自分用メモも兼ねて)
実は鉱物が大好きで、少しずつコレクションできたらいいなと密かに思ってます。
最近とても惹かれるのが、蛍石(フローライト)。1つ持ってるけど、もう少し濃い色味のものが欲しいなぁ…
八面体のものが欲しいんだけど、なかなか探してもいいものがありません。
今度またストーンマーケットにでも行ってみようかなぁ。あまり状態のいいものがあるとは言えないけど…
他に気軽に行ける石やさんがないものか…。


カバンシ石(カバンサイト)はアメリカのオレゴン州で発見され、1973年に発表された比較的新しい鉱物。
翌年インドで更に大きなカバンシ石が発見されるが、その後ぱったりと産出されなくなり、その間のカバンシ石はとても希少で高価なものだった。
20世紀後半にインドのプーナで晶洞が発見され、再び手に入れられるようになった。
現在はインドのプーナでしか産出されないため希少ではあるが、今だに産出され続けているので、母石から分離したものであれば数百円程度で購入できる身近な鉱物となっている。
現在標本に使われているものはほとんど全てがインドのプーナ産。私が購入したのももちろんプーナ産。

ちなみに色はバナジウムの影響でこのように鮮やかな青色が出ている。
インドの産出地は非常にバナジウム濃度が高いため、アメリカで産出されたものより色が濃く綺麗。
肉眼ではもう少し緑がかった青で、エメラルドグリーンに近い色合い。
(カメラではどうしても表現できない色味のようです。)
大きさは大きいものでも2cm程度にしかならず、通常は1cm程度。

名前の由来はその石の構成成分であるカルシウム、バナジウム、シリコンを組み合わせたもの。
壊れやすい鉱物なので研磨には向かず、アクセサリーとして加工されることは少ないが、
原石をそのままの状態でアクセサリーにすることはある。
とても鮮やかで美しいため、鉱物ファンには人気らしい。
(私も安い割に綺麗だなぁとひとめぼれして購入しました。
鉱物ファンには結構青系が好きな人が多いんじゃないかと思う。)

カバンシ石には兄弟のペンタゴン石(ペンタゴナイト)というのがある。
ペンタゴン石はカバンシ石と同じ構成成分でできていて、これも1973年にカバンシ石と共に発見された。
見た目はかなり似ているが結晶構造が違い、ペンタゴン石は一部の断面が星形になっていることが名前の由来。
これも現在はほとんどがインドのプーナ郊外の村から産出されているらしい。
これも可愛い鉱物なのでいつか手に入れられればいいなぁと思いました。
気になった方は画像検索でもしてみてください。

[rakuten:tourmaline:10025278:image]
[rakuten:auc-mm-museum:10005871:image]
楽天の商品写真を使って比べてみます。上がカバンサイト、下がペンタゴナイト。

広告を非表示にする