読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

ここがカワイイ☆ヤマトヌマエビ

せっかくなので今日はヤマトヌマエビのかわいいポイントについて熱く語ってみる。

エビなんてどこがかわいいの?とお思いのそこの貴方!
まずはそう決めつけずに私の話を聞いてみてくださいよ…!

カワイイポイント☆1

  • つぶらな瞳。

どう考えてもこれはかわいい。黒い目。まん丸で汚れのないそのおめめはきっと誰が見ても胸キュン。

カワイイポイント☆2

  • ドット柄の身体。

これもかわいい。生まれながらにしてドット柄の身体だなんてオシャレ。
しっぽにもドット柄がある。大きな青丸二つに、小さな青丸二つ。(←後になってずいぶん薄くなってほぼなくなってしまった)


カワイイポイント☆3

  • 何本もある足 その形と動き

観察しているとわかるが、彼らは常に前足を動かしては口に持って行き、エサであるコケを食べている。ほとんどずっとその動き。
よく見ると、何本もある前足の先は二つに割れていて、器用にコケを掴んでいる。それがとてつもなくかわいくてどうしようもない。


カワイイポイント☆4

  • 前足で顔を洗い、後ろ足で背中をかきかきする

これがまたかわいい。初めて見た時、エビも顔洗うんだー!エビもかゆいところあるんだー!と思った。
猫や犬が後ろ足で背中や耳をかきかきするように、エビも器用にカキカキしたり、毛づくろい(エビの場合はなんていうの)をしている。
時にエビ反りになりながら、届かない場所も届くようにしてカキカキ。(賢い!)


カワイイポイント☆5

  • おそらくメダカよりマイペースで何も考えていなさそうなところ

彼らは群れて行動しないし、例えば私が水槽越しにいくら観察してようが無反応。
ちなみにめだかの場合、私が覗くとビュンっと逃げる。エビは目の前に指を差し出すと逃げるどころか指からエサ(角質?)を取って食べようとする。


カワイイポイント☆6

  • 透けているところ。

魅力的。なんだか神秘的だし、それが生きているっていうところがまた面白い。



カワイイポイント☆7

  • メダカ用の餌をあげると必死で水面に上がってくるところ

やっぱりコケなんかより美味しいものなのか、パラパラやると、うおっ!!!!美味しいのきた!!!って思ってるのが見てわかるくらいのテンションで水面に上がってくる。そして必死で前足をしゃこしゃこ。この時ばかりはいつもマイペースなエビでも理性を失う。


水面近くにくっついた貝に捕まりながら水面の餌をとっている所。これは賢い。



・・・おまけ。



最近のうちの水槽ニュース。

先日、新しいエビさん用の隠れ家を衝動買い。

BEFORE

AFTER

これは100円SHOPで売ってた、陶器のアロマポット。
こんなにエビの隠れ家に適したデザインはない!と思ってつい購入。
さっそく中に入ってくれたり、穴から出て行ったりしてくれた。
喜んでくれたのかな。嬉しいな。
たこつぼも買ったばっかりで勿体無いんだけどね。中がよく見えないのがなんだかな〜と思ってて。
何かに使えないかな?

広告を非表示にする