もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

スイレン。睡蓮。

ハスが咲いて、枯れて、種になったあと
今度は別の鉢で育てていたスイレンが蕾を出していました。

こちらは今年新たにcharmさんで購入したもの。
陶鉢とスイレンセットです。
スイレンを育ててみたいという気持ちと、めだかの稚魚が産まれたらこっちへ移してやろう
という考えで購入に至りました。

スイレンとハスは似ているようでちょっと違います。
何が違うのかというと、ハスの葉は水からぎょいーんと出て伸びます。
スイレンは水にヒターッと浸かる感じであまり伸びません。
それとハスの葉は水を弾くけど、スイレンの葉は弾きません。
あと…ハスの葉はまんまる、スイレンの葉は割れています。
どちらが好きですか?私はどっちも好きだから選べないな〜。

スイレンの蕾が出てきたけど、ハスのときは蕾が出てきても
それから花開くまでが長かったし、どうせまた時間がかかるんだろうなー。
なんて思っていた矢先に咲きました。急でした。

では、ステキなスイレンさんの写真をどーぞ。

なんか間近で見ても、あれ?これ本物?偽物じゃない?という感じ。
まるで蝋で作ったように思えます。
本当に綺麗なものってそんな感じなんだろうなぁ。綺麗すぎてそこにあるのを疑っちゃう。
色はホントはうす黄色なんだけど
どーも、iPhone4のクオリティだと苦手な色味みたいです。
レモン牛乳みたいな色です。あれ飲んだことない。飲みたいなぁ…

花は、大体8時頃から開きだして、14時頃になるともう閉じちゃいます。
こんな感じ。


ちなみに花は3日ほど咲きました。
4日目あたりからは、花は開かずに、蕾が水の中で _(:3」∠)_ な感じになっていましたとさ。おわり。

広告を非表示にする