もなかんさつにっき

しょくぶついきもののふしぎをまなぶ

そして咲く。

そしてついにあくる日の朝、ベランダに出ると、そこには可憐に咲き乱れる茶碗蓮の姿が。

まるで姫が眠りから目を覚ましたように見えました。ドレスを身に纏って、背のびしているみたいに見えませんか?

寝ぼけ眼なわたしも、一瞬でぱちくりおめめになりました。

ここからは姫のグラビア撮影と思ってご覧ください。




(この時ちょうど雨が降った後だったので、いい具合に、水も滴る……な感じになりました。)




この状態はたった一日の間だけで、次の日にはもう美しいとは言えない状態になっていました。
ハスの花は儚い。
その儚さがあるから美しいんですね。
よかった、見れて。


実はまだ一応【つづく】…

広告を非表示にする